皆様、ご機嫌よう。
ブログの閲覧、有難う御座います。

先日は2人の変態とマゾが、私の写真やブログにうっかり惹かれて会いに来てくれました。

今回はお一人目のS様について書きます。

まだあまりアナルの気持ち良さが分からないけれど、複数回発射を経験してみたくて60分コースを御予約くださったS様。
簡単に身体の構造を説明し、逝きたいタイミングで逝っても良い旨を伝え、プレイに入りましたが、なんと、これまたうっかりドライに入ってしまわれました笑。

普段であれば、「一回しか逝けないから」とプレイ中に催した射精欲は最後まで抑え付けていた彼。そうして、寸止めや亀頭責めで遊ばれていたそうです。

ですが今回に関しては、「好きな時に逝って良いいんだよ〜」と解放するチャンスを沢山与えてあげたので、心と身体を解放すると同時にドライのスイッチがONになり、あっけなくマルチプルオーガズムの波に飲まれたS様でした。

《S様へ》
私の、自然な姿や言葉で責めるスタイルを気に入ってくださったようで、嬉しかとです。
貴方はとても身体のポテンシャルが高いので、もっともっと快楽を深めていけると私は確信しております。
御予約、有難う御座いました^ ^

あと、良いタイミングに来てくださったので、ついでにブログにも亀頭責め、寸止めについて書かせていただきますね。
(結構前になりますが、同じようなことを別記事で書いたんですけどね。)

少し耳の痛くなる話ですが、多くの方に股間の健康を保っていただきたいので、あしからず。

過度な亀頭責めや寸止めは危険です。

勿論、やり方にもよります。

亀頭責めの上手い方は、強弱の付け方が秀逸だったり、寸止めにしても、止めるタイミングが絶妙だったりします。
上手なお嬢様を見付けた際は、是非リピートしましょう。

泌尿器科の先生も警告されていますが、亀頭に強い刺激を与え過ぎることによって膣内射精が難しくなるケースや、きわきわまで我慢する寸止めばかりして精液が逆流し、睾丸が炎症を起こす可能性も御座います。
また、寸止めのやり過ぎは、いざ逝きたい時に逝けなくなり、性行為時のなかおれの原因にもなりかねません。

ゾッとした方、疑いのある方はお越しください。
きちんと説明させていただきます。

私はSMも好きですが、心の中では常に世界平和を願って過ごしております。

責められ、追い詰められて心のバランスを保つ方や、変態性を時折解放することで、社会に馴染める自分を保つ方もいらっしゃいます。

皆さまそれぞれの目的で私に会いに来てくださる訳ですが、私もその方達とお遊びすることで色々なバランスをとらせていただいております。

有難う、マゾ。

有難う、変態。

やりたいことがある為に卒業しますが、それまでに会いたい人がいっぱいいます。


これはおっぱい。


IMG_2877

ほな股。 

【もぐらのM性感 こなつ】
お店HP/click here
TEL/080-9777-0505
こなつのシフト/click here
口コミ書いてね❤︎/click here