皆様ご機嫌よう。
ブログの閲覧、有難う御座います。

本日のお話は、

IMG_2370

ではなく、SMのお話です。

これまで数回のセッションを果たした某氏よりリクエストをいただき、本日は出勤しておりました。

最後のプレイでは、「ドライも近いね〜♪」なんて話して別れたことも記憶に鮮やか。
その後私は勝手に、今後の前立腺開発によって彼の身に起こり得る事柄を頭に描きながら興奮して過ごしておりました。

ええ。今日に至るまでは。


そして本日。

私「今日は何がしたい?」

某氏「SMがしたいです」

私「え?」

意外な答えにプチパニックを起こしつつも、私も丁度SMをしたい気分だったので、話を深く掘り下げて趣向を確認し、SMをいたす運びとなりました。

彼にとっては初めてとなるSM体験です。
二度とするまいと思わせるも、もっと世界を深めたいと思わせるも、全ては私次第です。

念の為にセーフワードをあらかじめ決めておき、セッションをスタート致しました。

(今回のピークを何処までもっていこうか…)
ピークの設定を計算しつつ、彼にとって良い塩梅と思われる飴と鞭を与えながら、呼吸と足並みを揃え、ピークへの階段を登って行きます。

頂上が近づくほどに、発汗、震え、恐怖心から起こる身体の反応は顕著に。

「やめる?」

耳元で囁く私に対し、分かりやすく首を横に振る彼。

ぐふふ。可愛いなぁ

IMG_2372

セッション後に暫く放心した後、今日会った時以上に晴れやかな表情で去っていかれました。

今日会えたこと。もとい、お会い出来たこと自体を嬉しく思います^ ^
有難う。

IMG_2363

今日は「聖なんとかの日」でしたので、茶色い物品を交換し合いました。

因みに、いただいたかりんとうをポリポリしながらこのブログを書いています笑。
おいぴい

ほな股。