皆さま、ご機嫌よう。
ブログの閲覧、有難う御座います。

10月も後半戦。
そろそろ年末に近付いて参りましたので、一年の総括的な感じで、ここ最近は堅い話が多いです。

今日あたり、最近仕上がってきた身体の近況報告を画像とあわせてアップさせていただきますので、お楽しみに

さて、今回は拡張プレイについてのお話です。

私個人としても拡張プレイは大好物ですが、「指一本で前立腺の開発」が基本理念ですので、望まない方に積極的にオススメすることはありません。

ただ、アナルでお遊びされている方々の中には、拡張で得られる圧迫感や抜く時の爽快感、指一本では届かない場所の開発や背徳感を含める精神的な影響等々を求めて拡張を希望される方もいらっしゃいますので、ご希望いただければ、身体の状態にもよりますがS状結腸の拡張までは可能です。
勿論、フィストにしても、指一本にしても、触っているのは内臓なので、無下に扱うようなマネは致しません。

身体は日々変化します。
初めましての方にしろ、二回以上プレイさせていただいた方にしろ、「今そこにあるお身体の状態」に合わせて、対応させていただきます。

また、拡張でお遊びした後は、腸の奥から手前にかけて、少しずつ元に戻しながら終了させていただきます。

S状結腸に少し捻れを起こしていた方からは、この終了の仕方で翌日以降快便になったとのお声をいただきました。

お世辞にも綺麗と言える箇所では無い分、終わり方は美しくないとね。

image

ほな股。