2020年10月

皆さま、ご機嫌よう。
ブログの閲覧、有難うございます。

肌寒くなって参りましたね。
朝のお布団もふもふタイムが気持ち良く、なかなか起き上がれなくなるのがこの時期。

もふもふと言えば、うちのもふもふ様がもふもふに埋もれて、大変気持ち良さそうなもふもふシーンがこちら。

IMG_8621

可愛いでしょ?

話は変わりまして、先日も楽しいセッションに恵まれました。

リクエストは複数回の射精と開発。
結果、ウエットは4回以上。
前立腺の動きも良く、ドライも目前です。

M様、有難う御座いました。
ドライ状態に入った時のM様はさぞ乱れることと思います。
想像して、今から楽しみな私です

今日も楽しいセッションに恵まれました。
その様子はまた後ほど


ほな股。

皆様、ご機嫌よう。
ブログの閲覧、有難う御座います。

先週の土曜日は、お久しぶりのY君と、初めましてのI様とお遊びさせていただきました。

私の出勤時間が変わったことで、なかなか会えなかったY君。
久しぶりに会ったら、ジム通いの成果で以前よりもスリムになられていてビックリ。
頑張ったね〜

今回も縛られたいとリクエストをいただき、このように縛らせていただきました。

IMG_8523


剃毛、アナル、色々したね
また時間が合えば、遊ぼうね

お次は初めましてのI様。
ご希望は複数回射精。
ご希望通りの複数回の発射と、深いドライオーガズムで、最後は腰が抜けていらっしゃいました。
腰が抜けるほどの快感を感じていただけて、私としても何よりです

これまで色々なお遊びをしてこられ、経験値
の高いI様。
なかなかの変態ぶりに、私も楽しませていただきました
是非またお遊び出来れば幸いです

今週私とお遊びされたい方は、土曜日の枠が全て埋まっておりますので、金曜日に御予約いただければと思います。
月末、そして年末に向かってお忙しいかと思いますが、少し世界を切り替えて、ひたすら快感に溺れるような遊びをしてみませんか?

ほな股。

皆さま、ご機嫌よう。
ブログの閲覧、有難う御座います。

前回のセッションから一月経たずして会いに来てくださったI様。
(前回のセッションに関してはこちらからお読みいただけます。)

相変わらず個性的なご様子

今回のリクエストも勿論開発です。
再会を祝し、リラックス出来る環境を整えてから、開発セッションをスタートしました。

先ずは、細部から全身に至るまで観察しつつ、徐々に感度を上げながら、オーガズムの波を高めていきます。

波をとらえながら、その波をまた一つ大きな波に変え、呼吸に合わせて感度を深めていく。
「観察、待つ、波に乗る」
その流れはまるでマリンスポーツ。

今回の結果として、また一つ高い波をとらえることが出来ました。外野ながら私自身も、I様の中に広がるオーガズムの波で、心地良く遊ばせていただきました。

アナルで遊んでいると、時として、強すぎる快感に腰が抜ける方もいらっしゃいますが、I様も例に漏れず。
前回、そして今回も、お見送りしてもらえないほど、ベッドの上で深い余韻に浸っていらっしゃいました。

開発を進める中で、壁にぶち当たった経験のある方は少なくないと思います。
あと少しで越えられるようで、越えられない壁。
見えない壁だからこそ、その少しを越えるプロセスは困難を要することもあるでしょう。

そのあと少しで越えられない要因は、精神的なものかもしれませんし、長年に渡り染み付き、習慣化した身体のクセかもしれません。

結果には必ず原因が伴います。
今回は何が足りなかったのかを共に考え、丁寧に課題をクリアしていく作業は、どちらか一方の意志ではなく、共同認識で行うからこそ、よりゴールへの近道が可能になるのではないかと私は考えます。
また、共に歩むことにより、達成した時の感動が増幅されるという美味しい副産物もついて参ります。

I様、共に開発のプロセスを観察するチャンスをいただけて、本当に光栄に思います。
課題も見出したので、次回是非、試させてくださいませ。

Muchas gracias por venir otra vez. Me alegro de verte. Aprovechamos alguna cosita la próxima vez y subimos juntos a la encima. 
Ciao!

最後に、サービスショットを載せておきます。

image

イタチのセクシー入浴タイム


image

「見てんじゃないわよ!」

なんてね

今週も金土と私はもぐらにおります。
時間外のリクエストはコメントくださいませ。
詳しくはこちら

ほな股!

皆さま、ご機嫌よう。
ブログの閲覧、有難うございます。

およそ一年ぶりのSさんと、およそ一月ぶりのIさんと、今回も楽しくアナル遊びをさせていただきました。
(I様への御礼は別記事にて。)

お仕事でお疲れ気味の、Sさん。
前回、前々回は、拘束プレイなどでお遊びしましたが、今回はひたすらイキたいとのことで、そのように。

image

全てを手放して私に委ねてくださった結果、射精回数は6回ほどでしょうか。
(もう3回超えたあたりから、正直数えるのが面倒臭いです笑)

そしてついにドライに達することも出来ました
ご本人も確かな手応えを感じられたようで、良かったです。
おめでとう、Sさん。

しっかり射精もしてスッキリされたのでしょうか。会った時と別れ際での表情が全く違われたのも印象的でした。  

有難うございました
また、開発させてくださいませ〜。

image
突然ですが、パンストはお好き?

最後に。

世の中の流れがご自身の流れを左右することはよくあることです。
その時々でアナルの楽しみ方や、プレイそのものの趣向にも変化を伴うこともあるでしょう。

今だからこそ感じる何かを共有出来ればこれ幸い。

私は明日も、もぐらにおりますゆえ。

ほな股。

皆さま、ご機嫌よう。
ブログの閲覧、有難う御座います。

10月も後半戦。
そろそろ年末に近付いて参りましたので、一年の総括的な感じで、ここ最近は堅い話が多いです。

今日あたり、最近仕上がってきた身体の近況報告を画像とあわせてアップさせていただきますので、お楽しみに

さて、今回は拡張プレイについてのお話です。

私個人としても拡張プレイは大好物ですが、「指一本で前立腺の開発」が基本理念ですので、望まない方に積極的にオススメすることはありません。

ただ、アナルでお遊びされている方々の中には、拡張で得られる圧迫感や抜く時の爽快感、指一本では届かない場所の開発や背徳感を含める精神的な影響等々を求めて拡張を希望される方もいらっしゃいますので、ご希望いただければ、身体の状態にもよりますがS状結腸の拡張までは可能です。
勿論、フィストにしても、指一本にしても、触っているのは内臓なので、無下に扱うようなマネは致しません。

身体は日々変化します。
初めましての方にしろ、二回以上プレイさせていただいた方にしろ、「今そこにあるお身体の状態」に合わせて、対応させていただきます。

また、拡張でお遊びした後は、腸の奥から手前にかけて、少しずつ元に戻しながら終了させていただきます。

S状結腸に少し捻れを起こしていた方からは、この終了の仕方で翌日以降快便になったとのお声をいただきました。

お世辞にも綺麗と言える箇所では無い分、終わり方は美しくないとね。

image

ほな股。



↑このページのトップヘ